Atelier Temps Manuel 主宰  上条ゆかり


幼い頃より、母や二人の祖母の影響で、和洋裁・編みもの・いけばなを、そして父の影響で木工などの

「ものづくり」や「表現」に魅せられ、すくすくと育ちました。


もともと何でも体験してみることが大好きな性格です。ネイルスクールへ通ったり、アロマテラピー1級を

取得したり、色々なことに触れたり挑戦してきました。

そして、カルトナージュと出会ってからは、自分の手で広げることが出来るデザインの奥深さに魅せられ、

カルトナージュの第一人者である「アトリエパピエ75」よこた圭子先生に師事。

 
2010年、講師育成科の修了を機にカルトナージュの楽しさをもっと伝えたくて代々木上原と祖師ケ谷大蔵で、

アトリエパピエ75のカリキュラムを基本に、カルトナージュの定期レッスンを開始。

2012年12月には【手が創りだす素敵な時間】という想いを込めて命名した専用のアトリエ Temps Manuel

(タンマヌエル)を京王線の千歳烏山駅前にOPENいたしました。

 

アトリエをオープンした1年目に「すべては君に逢えたから」という映画にて小道具として作品を使っていた

だきました。

日々の生活の中にカルトナージュ作品が活かされている例をたくさん表現することができたことは、とても

大きな自信となりました。

 

カルチャースクールでは、京王線沿線の「仙川カルチャーセンター」、「調布カルチャーセンター」、多摩センターにある三越6F「JEUGIAカルチャー」のカルトナージュ講師として毎月定期レッスンを担当しています。

 

2017年11月にて千歳烏山のアトリエを閉めることになりましたが、カルチャー教室での活動を中心に、

これからも新たな出会いを楽しみに日々活動していきます。

 

 

  中級&上級テキスト販売中!

 

企業さまの福利厚生・イベント等

ご相談ください。

※34名さまでレッスンを開催した際の様子です。